むさしの森保育園とは

理 念

 

 豊かな人間性を育み、生活力のあるたくましい子どもを育てる

~子ども達自らが持つ秘めた可能性を見つけて育てよう~



目  標

1、心と体の元気な子を育てる

安心・安全な環境の下で、子ども達の育ちを見守り、また一人ひとりの発達段階に十分配慮した保育内容を設定します。子どもの思いや自発性を尊重する中で、自立と健やかな心身の成長を育む保育を行います。

 

2、自然を大切にする心を育てる

自然とのふれあいを大切にし生き物と生きる仕組み、またその関わり方について興味と関心を培い、それらに対する豊かな心と思考力を養う保育を行います。

 

3、友だちや周りの人への思いやりがある子を育てる

集団生活や地域の交流の中で、人への信頼感や思いやりを養うとともに、心の自律と人との関わりを大切に出来るような心の成長を延ばす保育を行います。

 

 

4、言葉を使って気持ちを伝え相手の気持ちを受け止める子を育てよう

   

5、何事にも最後まであきらめない気持ちを持てる子を育てる

興味や関心を持ったことに対して意欲席に取り組み、最後までやりきる力が身につく保育を行います。

 

6、家庭と園が一緒になって共育(ともいく)する

家庭と園の生活との連携を大切にし、必要な支援を行い子ども達の子と体の健康及び生活リズムや食への関心が同じ方向で進められるよう、また、様々な組織との連携を行い、ともに成長をしていく保育を行います。